上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 前回は、トヨタをITCに提訴したペイス社の特許について調べた結果を報告した。
今回は、そのペイス特許群の唯一の筆頭発明者であるS氏の特許について調べた。
 なお、ブログに先立ち動画版を作成してアップロードしている。
URLは
http://www.youtube.com/watch?v=JZtW2eOr770&feature=channel
だ。ご覧いただけると嬉しい。

 S氏の特許群を解析して以下の点が明らかになった。
●サラリーマンからベンチャーを起業されたようだ。
一人発明者の時代に技術の種を仕込んだ。
●電力変換技術から電気自動車関連へと重心を移動。

 S氏はV社でサラリーマン時代をエンジニアとして過ごした。
電力変換関係、DCコンバーターなどを開発されていたようだ。
1987年から1989年ごろのことだ。

 当時の連名発明者には、Rさんが2人いる。
ちゃんと同僚がいるエンジニアだったようだ。

 そして、1990年ごろに起業。
個人発明家の時代だ。このときは発明者は一人。すなわち、自分だけだ。
技術の種の仕込み時期だ。
先発明主義を採る米国では、この頃を、発明が為された時期であると判断される可能性もある。
今から、20年近い過去だ。戦うトヨタ側としては嫌な数字だ。

 1997年頃、ペイス社を創業。
ハイブリッドカーに集中して特許対策を行っている。
他の分野では一切特許的な活動がない。そして、それ以降も特許らしい特許は出ていないようだ。
執念をむき出しにして一人の男が特許明細書を練りに練っている。
そんな姿が目に浮かぶ。

 さらにAssignment queryを使って権利移動を確認してみると、
かなり複雑な動きをしている。
 権利が移動できるということは、その特許に価値があると認める人たちがいるという証だ。
価値がないと誰もが思う特許は、誰も買わない。
S氏を買っている、認めている人たちがいて、お金を出している。
 
 また、V社時代の特許は、最終的には、スマートグリッド関連企業に移っているようだ。
これも詳しく見る価値があるかもしれない。

 資金調達のためだろうか?
特許が複数の個人と思われる人たちに譲渡されている。
担保?出資の見返り?
ところが、特許の管理の窓口は依然、ペイス社だ。
これはうまいやり方かもしれない。
お金を出す側にとって、ペイスがつぶれてしまっても特許が残る。
単なる出資だったら、株は紙くずになるだけだ。

 S氏についての筆者の個人的な感触は、
敵にするよりは味方にしたい」タイプだ。
アメリカンドリームを体現するべく、脱サラ起業だ。
一人で黙々と技術開発。名前のスペルからみると、移民系かもしれない。
裁判の時、陪審員の心を打つ言葉を弁護士はつむぎ出せたはずだ。
 でも、味方にするのは難易度が高そうだ。
お金を出している人がたくさんいそうだからだ。

次回は、「トヨタエンジニアとS氏の攻防」を特許から探ってみたい。
お楽しみに。

門 伝也(もん でんや)
ブログサイトにも載せました。

また、今回のブログを書くにあたって作成した中間データを筆者が管理するポータルサイトに置いています。ぜひ、合わせてご覧ください。
宣伝:

知りたい? 世界の頭脳の行方と、御社のビジネスの接点を。
        大学米国特許調査プロ版販売開始 (監修、編 : 門 伝也)


続きなどはPDF文庫で




スポンサーサイト

2009.10.23 Fri l ハイブリッドカー l コメント (0) トラックバック (0) l top

ハイブリッドカー米国特許調査(1)の動画版をYouTubeに投稿した。
URLは
http://www.youtube.com/watch?v=bmStHddM8Zo

活字をモニターから拾うのにお疲れな方はお試しあれ。

 これからの予定としては、トヨタのハイブリッドカー特許も調べようかと思っている。
お楽しみに。

門 伝也(もん でんや)
ブログサイトにも載せました。

続きなどはPDF文庫で




2009.10.18 Sun l ハイブリッドカー l コメント (0) トラックバック (0) l top
「特許侵害:ITCがハイブリッド車めぐりトヨタの調査開始」(毎日新聞)
 
 次はトヨタのハイブリッドに乗りたいと思っている筆者にとっては他人事ではないニュースだ。
「訴えているのはハイブリッド技術を扱うペイス社」(毎日新聞)とある。
ペイス社について調べてみたくなる。もちろん米国特許を通してだ。
 とはいえ、スペルが分からないことにはスタートできない。ITCのホームページからスペルはPaiceであることが判明した。
http://www.usitc.gov/press_room/news_release/2009/er1006gg1.htm

 検索をかけると特許の件数は10件程度だ。
発明人口はわずかに2人。筆頭発明者にいたっては1人だ。
この筆頭発明者をS氏と呼ぶことにする。

 筆頭米国分類を見ると、わずか3つに集約されている。
CCL/180/65.23、
CCL/180/65.27、
CCL/180/65.28
の3つだ。

 トヨタのこの米国分類における特許件数はどうなっているのだろうか?
調べてみると、























 米国分類  Paice  TOYOTA
 CCL/180/65.23  5件  4件
 CCL/180/65.27  1件  64件
 CCL/180/65.28  4件  87件

となっている。
CCL/180/65.23はトヨタの弱点なのだろうか?


米国分類の定義を見てみる。
ちょっと長くなるが、米国特許庁にある定義を引用する。
65.23 Switching type (IPC):
This subclass is indented under subclass 65.225. Subject matter wherein a series or parallel drive mode can be either selected by a user or is changed automatically.
これは65.23が62.225の下位分類と言っている。
65.225 Series and parallel (IPC):
これも、65.22の下位分類だ。
65.22 Specific vehicle architecture (IPC):
これもまた65.21の下位概念とのことだ。
65.21 Hybrid vehicle
とハイブリッドカーがようやく現れた。

 逆に読んでいくと、180/65.23は、ハイブリッド車で車のアーキテクチャーに関するもので、直列と並列を切り替えるもので、直列にするか並列にするかをユーザーが選択できるか自動切換えが可能なタイプということになる。

 ここまで読んでハット記憶がよみがえった。
「初代のプリウスは軽自動車に抜かれた」という逸話だ。
初代のプリウスが出たときにディーラーを訪ねたら、営業マンはあまりお勧めではないという気配だった。要するに「加速が悪い」という話だった。
 その後、プリウスは大きな進化を遂げた。
「ハイブリッドシナジードライブ」というコピーだ。
加速が必要なときに、エンジンとモーターが協調して加速を生み出すあれだ。それを聞いた時は、また、欲しいと思った。プリウスの室内高がもう少しあったらきっと衝動買いしていただろう。(いや、財布がついていかなったかな?)

 米国分類180/65.23ってまさかそのこと?
その技術分類で、PaiceはTOYOTAと互角なのか?
そんなはずはないだろう?!
いやー、分類コードの問題だけで、
CCL/180/65.27とかCCL/180/65.28に同等のものが入っているんじゃないか?
順番にやっていこう。トヨタの調査はこの次だ。

これは真剣に調べないといけない。。。。な。。。

 特許は群れを作る。群れを作ることで進化し、強くなる。群れ解析をやってみて愕然とした。Paiceの特許は群れがひとつしかないのだ。ひとつの特許を分割して10の特許となったようだ。

 さらに権利はクレームに宿る。
クレーム数の集計を行って、またびっくりした。
わずか10件の特許で総クレーム数が650近い。
その中でも7237634特許はなんと300を越えるクレームを抱いている。独立クレームは少なそうだが、それにしても300はすごい。
鬼気迫る執念を感じる。
 先行技術の引用数もただものではない数が並んでいる。
それら全てに反証して、特許をもぎとったということだ。
先行技術のリストを見ていると、日本勢のものも散見される。
特許取得段階から戦争があったと言えるだろう。

http://www.business-i.jp/print/article/200909050088a.nwc
によると、
 「ペイスは2005年にも、同社特許を利用したトヨタのハイブリッド車、「プリウス」、「ハイランダー(日本名クルーガー)」、「レクサスRX400h」の特許侵害をめぐり、民事訴訟を起こした。ペイスの訴えが認められ、トヨタには430万ドル(約3億9000万円)の損害賠償が命じられたが、販売差し止め要求は却下された。」
とのことだ。
 でも、この特許群では、出願、特許権利化、訴訟費用を考えると3億円程度はあっというまに吹っ飛んでしまっているんじゃないかとS氏に同情的にもなる。よくある「儲かったのは弁護士だけ」の世界か。

 ちなみにS氏を発明者とする特許はさらに10件程度ある。そのうちのいくつかには、譲受人がいない。
そう、発明者が手元に残している特許がまだあるようだ。
これらについては次回また調べようと思う。

 なんだか、映画のシナリオが書けそうな話だ。

元エンジニアとして、トヨタ車のユーザーとして、
ハイブリッドカーを欲しいと思っているものとして、
トヨタを応援している。

頑張れトヨタ!

門 伝也(もん でんや)
ブログサイトにも載せました。
また、今回のブログを書くにあたって作成した中間データを筆者が管理するポータルサイトに置いています。ぜひ、合わせてご覧ください。
宣伝:
知りたい? 世界の頭脳の行方と、御社のビジネスの接点を。
        大学米国特許調査プロ版販売開始 (監修、編 : 門 伝也)

続きなどはPDF文庫で










2009.10.10 Sat l ハイブリッドカー l コメント (0) トラックバック (0) l top
今日は宣伝。

筆者が作成に係わった、大学米国特許調査プロ版がようやく今日、船出だ。
かなりの時間と手間を費やした。
それなりの自信作。
詳しくはこちら(univ_2009_pro)まで。

続きなどはPDF文庫で








2009.10.08 Thu l 宣伝 l コメント (0) トラックバック (0) l top


 2008年成立の大学特許のうち、バイオ、化学、医療関係を見てみよう。「バイオとか分からないよー」と言われる方もしばし、お付き合い願いたい。
 新しい技術は境界領域に生まれる。バイオとコンピュータの間の境界は、バイオインフォマティクスだろう。コンピュータを駆使して、たんぱく質やDNAを分析して、新薬合成の参考にしようとするあれだ。

 米国特許分類で700番台がコンピュータ絡みだ。
「生物学的なネットワークをシミュレートするための自動手段。」
なる特許に出くわす。
 最近のバイオの世界では、「システムバイオ」な話がホット。これもその関係だ。
 生き物をシステムとして見ていこうという流れだ。
 例えば発生の世界では、遺伝子内のある部分のスイッチが入って、それが起動されることで、また、別の部分のスイッチが入るという仕組みがよくあるらしい。これを矢印でつないでいくと、まさにネットワークになるわけだ。これを解析しようというプログラム(アルゴリズム)特許のようだ。

 別の特許を見てみよう。
「カスタマイズされた医療器具をデザインするためのシミュレーションの方法」のような特許もある。
まさにVRの中で、新しい医療器具を試してみようという話のようだ。
 医療関係は今後の成長分野であることは間違いはない。
そこにはIT関係の技術が入り込める余地は大きい。
特許を見て、世界の頭脳が考えていることを共有し、自らの企業の得意分野と組み合わせると、どうなるかを考えることは、エンジニアとしてとても楽しい作業であると思う。

(続く)
門 伝也(もん でんや)
ブログサイトにも載せました。
続きなどはPDF文庫で





2009.10.06 Tue l 大学特許 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。