上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

 工科大学、大学の米国特許調査を行っている。
総母集団が5万件を超える大物の調査だ。
あまりに大きく、広い分野に渡るので、米国分類を用いて

群1:バイオ、化学、医療
群2:材料
群3:計測、電気
群4:コンピュータ、通信
群5:半導体
の5つの分野に分けて見て行っている。

 全体の傾向としては、誰もが知っている米国有力大学が4校、いずれの分野にも入っている。それに加えて、分野に応じて、1校か、2校、それらの4校に食い入る形で存在感のある大学がある。

 さて、米国特許なんだから、米国の大学が上位を占めていてあたりまえ。
誰もがそう思うだろう。それはその通りで、実際にそうなっている。そこで、米国以外の大学の米国特許の取得状況も国別に整理している。
 それを見ると、いずれの分野においても、母国語が英語の国が強い。
言語の壁は存在すると感じる。英語圏の国を除くと、日本はそれほど悪いポジションではない。しかし、極端に強いとも思えない。
 例えば、群1:バイオ、化学、医療の分野では、イスラエルが日本の強力なライバルと言えそうだ。
 群2:材料関係では、日本のポジションは非英語圏では高いと言える。
嬉しいことだ。
 群4:コンピュータ通信分野における、非英語圏ライバル国は、韓国台湾だ。韓国の大学関係特許は、多重通信分野で件数的に日本を引き離している。台湾のそれは、光ファイバー関係で日本を追い上げている。
 群5:半導体分野での日本のライバルはやはり台湾だ。ただ、その戦いの舞台は、企業が主戦場とするシリコン半導体ではなく、化合物半導体や、光デバイスであるようだ。
 最後に番外編としてナノテクノロジーについても調べている。
これは、米国分類の大分類に977:ナノテクノロジーというのがあり、この分類項目に属する特許に関するものだ。
 それを見ると、件数的な日本の非英語圏ライバルは台湾や中国だ。
日本は、スキャン型顕微鏡が目立つのだが、中国勢は、カーボンナノチューブに関するものが多い。ポストシリコン研究だろうか?

続く

門 伝也(もん でんや)
ブログサイトにも載せました。

続きなどはPDF文庫で




スポンサーサイト

2009.09.14 Mon l 大学特許 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mondenya.blog49.fc2.com/tb.php/69-97395984
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。