上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- -- l スポンサー広告 l top

ISSCC2010の後、サンノゼで開催されていたLED照明展示会に参加した。

 次に、家の電球が切れたときに、LED照明の値段が現在の半額になっていたら、電球の代わりに、電球互換LEDにしたいと思っている。

 他の人のブログを見ていても、プリウスを買った時に手に入れたエコポイントを使って、家中の電球をLED電球にしたという話があった。
チャンスと価格が折り合えば、即交換と思っている方々も多いだろう。

 筆者的には、あのさすような光が目を疲れさせないかと心配だが、人間の慣れと制御でなんとかなるんだろうと思いたい。

 半導体にルーツを持つ筆者としては、NECさんのブースにあったLED制御マイコンに興味を覚えた。LEDの光の量は、パルス幅変調のパルス幅で決まるそうだ。マイコンでパルス幅を変えた信号を生成してそれで、LEDを制御すれば明るさは自由自在。扇風機に1/Fノイズを利用したものがあるように、1/Fノイズを照明の制御に使えば、目が疲れなかったり、癒される照明ができそうだ。このあたりの特許争奪戦は始っているのだろう。
 ただ、気になるのは基本的にパルス幅制御という点だ。
人間の目は、意外に短いパルスに対してもピークが高ければ疲れを感じている可能性はある。ただ、そんな短いパルスは人間の経験の範囲にないために、それを「暗い」と認識しているだけに過ぎない。そのあたりの研究が進むことを期待するとともに、特許ネタの宝庫ではないかとも思っている。
光のピーク値を下げる技術が必要になる気がする。
市場規模は地球サイズだ。我と思わんエンジニア、研究者の参戦を期待する。

 LED照明を起点にした通信への応用も面白い。
ISSCC2010での、大学からの発表に、信号機のLEDの発光に情報を載せてそれを車側のイメージセンサーで受け取るというのがあった。
同じことを部屋の中(車の中)でやればとてもいい。
天井の照明から、部屋中の機器に情報を送るわけだ。
時刻、温度、位置、天気、予報などの情報を送れば受けた機器側で制御プログラムのパラメーターを変更でき、それによって、トータルの消費電力を減らしたりできる。課題は標準化だ。これはシリコンバレーの得意分野だ。
このLED照明の展示会に参加した人で始っているんじゃないだろうか?

 信号機の場合も同じだが、LED照明通信のライバル技術はRF通信だ。だが、秘匿性は高いし、コスト的にも有利。アドレス枯渇の心配も、標準化の問題も少ない。
 さらに赤外線LEDをLED照明に混ぜて(ブレンドして)おけば、体内の機器にも情報を送れる。しかも電波を使わないので、心臓ペースメーカーでも問題はない。
 受け取った情報を元に、時計ずれなどの異常があれば外界にアラートを立てる。(ピーピーとか)
 ISSCC2010にも体内埋め込み機器に関する発表があったはずだ。

この不景気2010年が技術の転換点である気がしている。
この時代に産まれた技術が未来を支える。

エンジニア、研究者のみなさん。萎縮するなかれ。
心に翼を。。。

もんでんや

拙著:PDF文庫はこちら



スポンサーサイト

2010.02.28 Sun l 学会聴講 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://mondenya.blog49.fc2.com/tb.php/87-da95e07e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。